老人ホームでの看護師の仕事とは

老人ホームの職員は、介護福祉士や介護支援専門員、生活相談員や看護師など様々な職種の人達が働いています。

特に看護師は、医療行為を必要とする利用者がいる施設にとっては必要不可欠な存在です。病院勤務とは仕事内容も違ってきます。

老人ホームでの看護師の仕事は、利用者の体調管理をすることです。

All Aboutの情報ならこちらにお任せ下さい。

場合によっては、介護士と連携して利用者の身の回りのお世話を手伝うこともあります。

主にバイタルサインのチェックや褥創や皮膚剥離などの処置、薬の管理や配薬、経管栄養やインシュリン注射などが仕事です。老人ホームには、病院とは違って医師が常駐していないので、日中や夜間の急変時の対応や指示は看護師の判断です。
近年、介護施設が増えてきているので、看護師の需要も増えてきています。
老人ホームで看護師が働くメリットは、夜勤がないことや介護士と共に利用者と長い時間をかけて向き合うことが出来ることです。

ビジネス視点で老人ホームの相談情報をお探しですか。

主に介護施設では介護士が夜勤をしますし、病院は治療が終われば退院してしまいますが、介護施設は利用者の生活の場となっているので、利用者に合った看護をきちんと提供することも出来るでしょう。



ですが、長い間介護施設で働いていた看護師が医療現場である病院に勤務しようと思うと、そのスピードや忙しさについていけないとか、最新の看護技術を学ぶ機会がないなどの欠点が挙げられます。


介護施設は人手不足が問題となっているので、看護師も介護士もニーズは高まるばかりです。