老人ホームで開催されるリサイクルバザー

多くの老人ホームが、行事の一つとしてリサイクルバザーを行っています。

これは、まず、職員や地域住民へ働きかえて、リサイクルしたい品物を出品してもらいます。



家庭に眠ったままになっている引き出物では、食器やタオル、洗剤などいろいろなものがあるため、使わないのであればこういったチャンスを活かして出品すると喜ばれます。
行事を行う際に、バザーとしてこれらの物品を安価な値段で販売します。

出品者も、この収益が老人ホームの運営の一部になるので、貢献できたこととなりますし、もちろん、家で保管し続けていてスペースを占めていた問題も解決できるので、2つのメリットになります。


また、老人ホームの方も、行事に楽しみを広げられて、地域住民からの出品があればコストをかけずに開催出来るというメリットがあります。

消費者庁情報をお教えします。

しかも、バザーを行えばそれだけ足を運んでくれるお客さんも増加することが見こせるので、賑わいが期待できるでしょう。

このようなバザーでは、お店で購入すれば2000円はする器が、数百円の安さで購入出来るので、これまで老人ホームとは無縁であったという方も、参加してみると掘り出し物を見つけることが出来るかもしれません。

老人ホームの入居に関する疑問が解決できます。

このような行事を行うことで、老人ホームは入所者やその家族だけが足を運ぶ場所ではなく、地域住民も気軽に参加できるようになり、相互での交流も目指しています。

親しみのある場所として認識される足がかりに役立つのではないでしょうか。